【なんでも上手くいく穏やかマインド教室】

Peace Ful School

Life

【コロナショックの心構え】不安で心が落ち着かない時の対処法【Newsの使い方偏】

投稿日:2020年3月30日 更新日:

こんにちは、オカモリです。

コロナウイルスの猛威がとまりませんね
Newsではネガティブな情報が沢山とびかってますね。

なかには不安になって、もう、どうしていいかわからなくなっている方もいると思います。

不安になると人は、正常な判断ができなくなって、ついイライラしたりいつもはとらない変な行動に出たりします。

なので
今日はそんな、コロナショックに対する心構えを勉強していきましょう。

心を正常に保てば、気分を安定した状態でキープできると思います。

コロナショックの心構えNews編


NEWSをずっとみていると、ネガティブになって、不安になったりソワソワしたりしますよね?

この不安状態がなが~く続くと、心の病気になったり、攻撃的になったりして、二次災害的に別の被害が発生するので、心穏やかに状況にあった正常な判断ができるように勉強していきましょう。


Newsの見方は2通り

1.受け身で見る
2.主体的な情報収集


この2つ、同じ“見る”だけどぜんっぜん違う感情になります。


自分がどちらの状態でNewsを見ているか判別する質問があるのでトライしてみましょう。

Q1.明確な目的をもってNewsを見ているか?



Noなら、1番の受け身でNewsを見ているに該当します。
Yesのなら質問2へ

Q2.その情報は明るい未来のために使用しますか?


Noなら、1番の受け身でNewsを見ているに該当します。
Yesなら、2番の主体的な情報収集


さぁどちらだったでしょか?


結果が1番だった方は心の状態が心配ですので、ぜひ続きを読んでいただきたいです。

結果が2番だった方はそのまま未来のために頑張りましょう!!

1.受け身で見ている


とはどんな感じか?例えば、

・なんとなくTVをつけてて、『大変だ~どうなるんだろ~~』って見ている
・なんとなくラジオで流しぎき
・知り合い間で、〇〇なんだって~~と話しをする


といった感じです。

前回も話たんだけど、こんな感じのネガティブな情報を脳に与え続けると、脳内の偏桃体が強く反応して、ストレスホルモンが大量にリリースされます。

ストレスホルモンが出るとどうなる?


メンタル的なデメリットは

・イライラして攻撃的になる
・不安症になる
・やる気が出なくなる
・まともな判断ができなくなる
・感情のコントロールができなくなる


その外にも、物理的なデメリット

・眠りがあさくなる
・筋肉がへりやすくなる
・太りやすくなる
・記憶力がおちる

などなど、長い間ストレスホルモンが出続けるとデメリットが山ほどでてきます。

大変なことですよね?

そうならないためにも、心の安定がとっても大切なんです。

じゃぁ、心を安定させるためにはどうしたらいいのか?

Newsは主体的な情報収集に使う道具!


はい、あくまでもNewsは情報を得るための道具です。

自分をメンタル的に弱らせるための道具になっていませんか?そうじゃないですよね?

そう!
Newsを自分の為に利用するんです。

世界での感染の進行状況
日本での感染の進行状況
そして、今後の各国の対策や方針さらに、それによる効果の有無
そして、専門家や起業家、首相や大統領の考えや方針



などなど、多くの情報を見て、自分たちの明るい未来のために何ができるを真剣に考えるための材料にするんです。


病院にいったらお医者さんはきちんと情報を集めて診断しますよね。
例えば、

熱・心拍・腫れ・色・音
ときにはCTやレントゲン、血液検査も

沢山の情報を集めてから、
『この症状はインフルエンザではなく風邪ですね』みたいに診断をくだしますよね?


まさか、患者さんをパッ!っと見ただけで、『ん~おそらくインフルエンザでしょう』なんてテキトーな診断はしないですよね。(たまにいるけど、まぁそれは置いといて)


きちんと情報を集めれば、ぴったり当たらないにしても、ある程度察しがつくというか想定することはできますよね。

想定できれば、そのための準備はできるので、結構安心だったりします。


正直その準備が正しいのか?どうか?は誰にも分からないので、それでOKってわけじゃないんですが、人には

見えない不安があるときは、準備をすると心が落ち着く心理


というのがあるんです。

例えば、スポーツだとしたら

いままで戦ったことのない強豪相手に、なんの準備もせずに試合当日を迎えたら。


とんでもなく不安じゃないですか?

それとは反対に

強豪あいての試合のビデオを何度も見返して特徴を分析。その対策を練りに練って練習を重ねて試合に臨む

そうすると、たとえ試合に負けたとしても、不安や恐怖といった感覚はなくなるんです。


そんな感じで不安にたいして、なにか行動をとっていれば安心するんです。

心穏やかな状態なら壁は乗り越えられる


たぶん世界は転換点にきているんだと思う。いままでの常識や、いままでのやり方を変えないといけない時期が来たってことじゃないかな?


だから、その変化を瞬時に観察できるNewsがあるって、実はけっこう素晴らしいことなんだよね。


昔だったら、意味不明なうちに人がどんどん病気になっていって、『天罰じゃ--ー』っておろおろするしかなかったんだよね。


だから、このNewsのおかげで事前に準備ができる。こんな素晴らしい時代に僕たちは生まれてきたんだよね。


今は、コロナショックで不安や恐怖が来ているけど、きっと今よりもっともっと素晴らしい世界が僕たちを待っていると思うんだよね。

だから、希望を忘れず、

今自分にできることを


一生懸命やっていくしかないんだよね。

ということで、希望を忘れず、もっと良い未来を子供たちの為に作っていきましょう☆彡

今日はこのへんで、それではまたーー☆彡

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
YouTubeでも発信してます
https://www.youtube.com/channel/UCp1M39TibfMWTn9Z19jPnrg

《今月のおすすめ本》
頑張り過ぎてるアナタにオススメ
尊敬する本田晃一さんの著書
『はしゃぎながら夢をかねる世界一簡単な法』
『なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣』

の2冊です。

『頑張りすぎなくていいんだ』ってことが分かって肩の荷がス――――っとおりると思いますよ☆彡


-Life

Copyright© Peace Ful School , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.