Easy&Life

どんな時も幸せ。そんな人になるための原理と手順【体験談】

投稿日:


こんにちはヒデユキです。


今日は、どんな時も幸せを感じる事ができる原理と手順についてお話します。

名付けて=《幸せ自動生産システム!》

(※命名がダサいのは勘弁して下さい(笑))


これが出来るようになると

1.幸せを感じる回数が増える
➡集中力があがる➡仕事がはかどる
➡誘惑に負けなくなる➡ダイエットに成功する
➡イライラしなくなる➡ステキな人にみられる
 


マスターレベルになると
2.何が起こっても幸せを感じる
➡ミスが怖くなくなる➡チャレンジしまくれる
➡怒られてもへこまない➡改善点を見つける➡成長する
➡大変な事があってもへこまない➡すぐに復活

こんな感じで、人生を好転させるための基本スキルだと思います。

それでは早速解説していきます

どんな時も幸せ。そんな人になるための原理と手順【体験談】

まずは、僕の話しからします。


最近ちょっとしたことにハマってまして

それは、


『時間をみて幸せをかみしめる』


なんじゃそれ!?ですよね。

でもこれ実はちょーちょー大事な事でした!

映画:ウイルスに洗脳された男

1章.しあわせみーつけた

あるとき、時計を見たら、たまたま

 『11:11』

『おお!ラッキー』っておもった


翌日、またなんとなしに時計をみたら

『12:34』

『おお!ラッキー』っておもった

毎日ゾロ目や並び数字に気づくようになり、小さな幸せを感じるようになる

2章.しあわせが増殖しはじめる!?

なんとなしに毎日、ゾロ目や並び数字をみて

『ラッキー‼』っておもってると

どんどんラッキーナンバーを見つける回数が増えてきて

最初は1日1回とかだったのに
気が付けば1日に10回以上

『おお!ラッキー』が増えてきた


そして2週間たったころに事件が起こった

3章.ついにウイルスに洗脳される


いつものように時間を確認しようと時計に目をやると

いつものように

『おお!ラッキー』っておもった。

でも

でも


時刻は『15:37』

『ん?どこがラッキーなん?まぁいっか』


そしてまた夜

いつものように時計に目をやると

いつものように

『おお!ラッキー』っておもった

でも

時刻は

『21:53』
『ん?どこがラッキーなん?』

ウイルスに洗脳された僕の脳は
どんな数字をみても
『おおラッキー!』って感じるようになってしまった!!


しあわせウイルスに洗脳された脳はとどまるところをしらない!
そしてウイルスは時間以外にもどんどん伝染していき、

窓をあけたら『おお!しあわせー』
風呂にはいったら『おお!しあわせー』

生活全てに伝染を始めた!

最終章

ということで、どんなに小さな出来事にも幸せを感じるようになってきたって話しでした。

どんな時も幸せ。そんな人になるための【手順編】



といことで原理よりも先に
どんな時も幸せ。そんな人になるための手順を先に説明します。

その①繰り返しインプットする


僕たちの脳は繰り返さる事は超省エネモードで自動化する能力がある。

どうするかって言うと

時計を見る➡ゾロ目➡幸せを感じる
時計を見る➡ゾロ目➡幸せを感じる


こんな感じで繰り返します。


別の例でいくと
窓を開ける➡新鮮な空気➡幸せ
会社から出る➡今日はよくやった!➡達成感

みたいな感じで
最初はこころでは思ってなくても全然大丈夫で
言葉でとなえればOKです。

その②幸せの感度が高くなる(回数が増える)


繰り返しやっていくうちに変化が起こってきます

・幸せや達成感を心で感じるようになってくる
・ゾロ目を発見しやすくなる➡幸せを感じる回数が増える


この時点ではまだ定着してないので、このままインプットを続けましょう

その③自動化される

始めたころは

時計を見る➡ゾロ目➡幸せを感じる
窓を開ける➡新鮮な空気➡幸せ
会社から出る➡今日はよくやった!➡達成感


だったのが

・時計を見るだけで幸せ
・窓を開けるだけで幸せ
・退社するだけで幸せ

こんな感じにショートカットされて


何も感じなかった脳から➡すぐに幸せを感じる脳に変える事ができます。

それではどのようなメカニズムか見ていきましょう
面倒な人はスキップ推奨です(笑)

どんな時も幸せ。そんな人になるための【原理編】

僕たちの脳には、

潜在意識 と 顕在意識 がある

僕は直感的にわかりやすいように

自動脳 と 手動脳 って言っている。

自動脳=考えなくても処理してくれる

例えば運転中のハンドル操作
『ここは狭いから角度が急だから97℃ハンドルをきって5m進んで45℃もどして・・・・』みたいなことは考えてないはず。ハンドルを切る角度は感覚で自動的に処理されている。
こういう時は自動脳を使っている。

自動脳の特徴は
素早い、省エネで疲れにくい、経験が判断材料

手動脳=意識的に考える必要がある


例えば、なれない車を運転するとき、
車幅、ハンドルの角度、アクセルの踏み込み、等を意識しながら運転すると思います。こういう時は手動脳を使っています。


つまり
経験の浅い事は意識的にやる必要あります。


手動脳の特徴は
遅い、疲れる、経験が無い



特徴をまとめるとこんな感じ⇓⇓⇓

  速度  疲 労 経 験
自動脳 早い  疲れない 何度もあり
手動脳 遅い  疲れやすい 経験が浅いor未経験

 

脳内のグーグル先生

僕たちが何かを感じる時のメカニズムはグーグルを検索した時に似ているんですね。


どういうことかって言うと
例えば、

グーグルに
”時計”と入力する➡検索結果が出る

この検索結果っていうのは
ぼくたちは、”時計”と入力するだけなのに
グーグル先生が、世界中のインターネット上の情報の中から、入力されたワードに最適な情報を選んでランキングしてくれるんですよね。


要するに
入力は意識的に行う➡手動脳
グーグル先生の仕事は無意識で完了➡自動脳

脳内のグーグル先生を活用する

脳内のグーグル先生はカコの経験から検索結果を探してくるので、経験によってでてくる感情が違います。

過去の経験は
時計を見る➡感情に影響無し
時計を見る➡感情に影響無し
時計を見る➡感情に影響無し


これを繰り返しているので、
当然、時計を見る➡感情に影響無し

になります。


でもこれを、手動脳を使って意図的に
時計を見る➡ゾロ目➡幸せ
時計を見る➡ゾロ目➡幸せ
時計を見る➡ゾロ目➡幸せ
これを繰り返していると、最初は経験がすくないので、”幸せ”という感情の検索結果は最下位ですが

繰り返していくと段々順位が上がってきて、やり続けると1位まで上がってきます。そこまできたら、自動化完了です。

原理まとめ

要するに一言で言うと

本当に思ってなくても繰り返せば、そのようになるって事です。



まとめ

ということで長くなってしまいましたが

僕が言いたかった事は

・いつも幸せそうな人は、幸せになる習慣を持っていて
・いつも不幸そうな人は、不幸になる習慣を持っている

ってこと。
・同じことが起こっても
・同じものを見ても

  ⇩⇩⇩⇩⇩

・幸せだなぁと感じる人と
・何とも思わない人
・嫌だなぁと思う人

に分かれます。


これは、日ごろの小さな小さなインプットが大きく影響しているってことが伝えたかったんです。


毎日幸せを沢山感じる人生はとってもハッピーです。
これは、無料だし時間もかかりません。


何も使わず幸せをGETできる
幸せ自動生産システム
(名前はなんでもいいけど(笑))
最高のツールだと思うので是非実践してみて下さい☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事の参考図書
斎藤ひとりさんの『カンタン成功法則』
本田 晃一さん『なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣』

ひとりさんは中卒なのに日本納税No1という偉業を成し遂げたとんでもない方。考え方や言ってる事は、スピリチュアルな感じだけど科学的な事と照らし合わせると結構ドンピシャだったりする。論理的なことより、直感的な方が好きな方はひとりさんの本がオススメ。喋り口調で書かれているのでサクッとよめちゃいます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
僕のyoutubeはコチラ
https://www.youtube.com/channel/UCp1M39TibfMWTn9Z19jPnrg

⇓ライン@から質問できますコチラ⇓
https://line.me/R/ti/p/%40ewy0770r

⇓twitterでも発信しています(プライベート中心)
https://twitter.com/hideyukiblog

-Easy&Life

Copyright© 子育て世代のイージーライフ講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.