健康,ダイエット

生理前のつら~い症状の特効薬は良質な睡眠です【無料かつ努力不要】

投稿日:

睡眠


こんにちは、健康管理士のヒデユキです。


健康関連カテゴリー追加しました。


このカテゴリーでは、
総務省認証、学術刊行物をベースにカウンセリング経験と合わせてポイントを絞りつつ解説していきます。


前回は、男性の更年期障害についてふれました。


今日は、つら~い生理前の症状の特効薬についてです。


僕のサロンでも、1カ月程度で生理前の症状が改善する人は多いです。


生理前のつら~い症状の特効薬は良質な睡眠です

元気


まずは8時間きっちり寝てみよう。
無料だし、努力不要なのでやってみる価値ありだと思います。

つらい症状の原因は?


ホルモンバランスの急変
👇
視床下部の混乱
👇
自立神経の乱れ
👇
つらい症状

といった感じです。


✅睡眠不足だと症状を悪化させてしまう
➡ホルモンバランスの変動が激しくなります
➡自律神経の乱れも強くなります


結果➡症状が悪化😿

感情をコントロールするホルモンバランスも同時に乱れる


睡眠不足だと三大神経伝達物質が乱れる
・セロトニン(安心感)
・ドーパミン(快感、モチベーション)
・ノルアドレナリン(怒り・恐怖・不安)


ホルモンバランスが制御できなくなるので、情緒不安定になってしまいます。

急にイライラしたり、怒ったり、不安になったりするのは、ホルモンのせいで、自分は何一つ悪くないので大丈夫です。

睡眠はすべての体調不良を改善する基本


きちんと睡眠をとっていれば、多くの体調不良は改善に向かいます。

体調不良以外にも、メリットは沢山あります。


詳細は動画を参照してください。⇩
自分の全ての能力を上げる最も効果的な方法!!
自分の全ての能力を上げる最も効果的な方法!!Part2


現代は睡眠を確保するのはけっこう難しいけど、8時間確保できるとかなり楽になると思います。

漢方やピルは手軽だけど最終手段にするのがおススメ


薬はけっこう簡単に症状を抑えられるかもしれないけど、薬でホルモンバランスを調整してしまうと、自力でホルモンバランスを調整する力が弱まるので、頼りすぎるの少し考えたほうがいいと思います。
(薬に依存してしまうかも)


とはいっても、しんどい時は生活に支障が無いように薬とかを利用しつつ、体のバランスを整えていくといいと思います。

生理前のつら~い症状を改善:良質な睡眠をとるために


睡眠がとりにくい社会なので、事前のセッティングが大切です。

生理前1週間は毎月、休息週間にしておく


その他の期間(キラキラ期)は多少の無理もこなせるけど、生理前1週間はとくに睡眠を確保したい時期です。


毎月事前に体を休める週にして、ゆっくりできるようにセッティングしとくと、睡眠の確保もしやすいです。


✅キラキラ期の間に仕事は片づけておく
体調のいい期間は無理をしても、気力充分なので、その期間に仕事や雑用を済ませておくと、後で楽になります。


✅新たなチャレンジもキラキラ期に始める
新しいことを始めるとか、面倒くさい事を処理するのは、精神的にも肉体的にも負担がかかるので、キラキラ期がおススメです。


休息週間の予定は可能な限り減らしておく
好きな予定以外は、極力詰め込まない


こんな感じで自分の自由な時間をできるだけ確保して、リラックスする時間を生み出しましょう。


睡眠が確保ができたら


一般的にやったほうがいいといわれる
・生活習慣の見直し
・栄養バランスの考慮
・リラックスの時間

などの調整に使っていくとさらに効果的です。


それでも辛い様なら、漢方やピルに頼りつつ、体調を整えていくといいと思います。



ストレス社会で辛くならないように、自力でコントロールできるようになっておくと徐々に楽になってくると思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
僕のyoutubeはコチラ
https://www.youtube.com/channel/UCp1M39TibfMWTn9Z19jPnrg

⇓ライン@から質問できますコチラ⇓
https://line.me/R/ti/p/%40ewy0770r

⇓twitterでも発信しています(プライベート中心)
https://twitter.com/hideyukiblog


-健康,ダイエット

Copyright© 子育て世代のイージーライフ講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.