目標に向けてダッシュする。だけど執着はしない

目標に向けてダッシュする。だけど執着はしない

これってけっこう

大切なテーマだと思うんだよね。

目標に全力になるけど

目標に執着しない。

一般的には

目標を諦めずに

どんなに辛くても

あきらめるな!!!

そうすれば栄光が見えるぞ!

みたいな感覚ってあると思うのね。

でね、

自分の中では、

執着が不安や恐怖、怒りを生み出すわけね。

例えばさ

甲子園をガチで目指してるチームで

なかなか成果のでない選手や

気合の入ってない選手に対して

怒りが生まれたり

イライラしたり

逆にマネジメントができないことに

落ち込んでみたり。

すると思うのね。

この現象って会社の中でもあると思う。

『売上あげるぞ!』って思えば思うほど

目標に、執着すればするほど、

成績の悪い社員や

やる気のない人に対しての風当たりは

厳しくなるわけ。

結局ね、

目指しているのは

目標達成=幸せ だよね?

でもさ

執着するればするほど

ネガティブな現象が生まれるわけさ

ってことはさ、

執着するって、ちょっとどうなのよ?

ってなっちゃうよね?

でもさ、夢も目標も有りません!

ってものさ

ちょっと微妙な人生だと思うのね。

だって、夢を持って追っかけてる時ってさ

めっちゃドキドキするし

自己成長するし

出会いや、感謝や、貢献感とか

色々感じる事ができるじゃん。

だからさ、

前の記事でも書いたかもだけど、

夢を追ってる時が

一番幸せだと思うのね。

逆に執着して

めっちゃイライラして

怒りまくってる方が

微妙な気がするわけさ。

だって僕たち人間が目指してるのは

一瞬の達成感の為に

毎日イライラする事じゃなくて

日常の充足感じゃないかなぁ?

今すぐに幸せを感じる事ができるのに

目標達成を強く願うことによって

逆側が生まれちゃう。

このトリックにはまっちゃうから

体罰問題とか起っちゃうのかなぁ

なんて思ったりするわけさ。

だから

目標達成を強く願うのはOKなんだけど、

それはあくまでも手段であって

本当の目的は

子どもの成長だったり、

チームワークを学ぶ事だったり。

会社だったら

従業員さんがhappyになる事が目的

なのに

目標を掲げる事で

不幸にしちゃうパターンもあるんだよね~。

ってことで

けっこう微妙な話しなんだけど

目標に執着するって

手段が目的化しているってことだと思うのよ。

あくまでも

優勝するのが目的じゃなくて

優勝を目指すことによって

感動を味わう

それまでの道のりを経験する

成長する。感謝が生まれる

などなど

こういった人生を豊かにする

経験が増える事の方が

目的なんじゃないかなぁ?と思うわけさ

だから

目標がいらないとかじゃなく、

目標は全力ダッシュで追うけど

そこに執着しないってのが

豊かな人生を作るコツだと思います。

ということで、

ただのひとりごとでした。

今日のライフポイント+200

合計4800ポイント

【仏ライフ的ひとりごと】

今日のテーマ
『新時代到来⁉️
お金を払ってサービスを提供する時代⁉️
FB Liveはコチラから