テストの点が悪い時にどう反応していますか?

テストの点が悪い時にどう反応していますか?

今日は長男・長女・次男の三者懇談

ああぁ今日も良い学びをゲットしましたよ!!

毎日たのしいなぁ

ってことで、今日の学びは

【成績表で子供の心理が丸見え】です。

まぁ面白い!!

成績表と、子供の心の中は完全に一致しています。

だから、

点数が悪かったからって

お父さん、お母さん

子どもを叱らないでやって下さいね。

成績表は、子供の本音を知るチャンスです☆

なんでかっていうとね

うちの次男は

テストの点数は悪いです

でも、提出物や生活態度はめっちゃいい!

ここで言っちゃいそうな言葉は?

『もっと勉強しようね!』

でもね、

いくら説得しても

いくら叱っても

子どもは勉強しませんよね??

なんでかっていうとね、

本人はその点数で

OK~~~って思っているからなんです~~

次男の思考は、こうです。

『言われたことや、ルールはきちんと守ります。』
なるほど、確かに

『テストの点が良いか悪いかは、僕の問題ですよね?僕はあまり気にしてないので、このくらいの点数で満足です』
なるほど、確かに

って感じです。

本人がこの点数でOK~~って思ってたら

説得しようが、怒ろうが

点数は上がりません。

まさしく彼の思っている通りの成績表なんです。

そして、その真逆のタイプ長男

長男はテストの点は良い

でも

提出物は出しませんので悪いです。

彼の言い分はこうです

『テストの点が取れれば課題必要ないでしょ?だって課題はテストで点をとるためでしょ?自分なりの効率のいい勉強したほうがテストの点あがるから、課題する時間が勿体ないんですよね。なんで強制するの?』

とのこと

ん~~なるほどね、課題するより自主勉の方が効率よく点が取れるらしい

なるほど納得。

って事で、

成績表は全て本人の本音が詰まった数字です。

本人には本人の世界観、道理、プライド、

何らかの理由があってこの点数なのです。

だから、やみくもに

『もっと勉強しよう!』とか

『ここの点数悪いなぁ』とか

『これじゃダメだ』とか

怒ったり、落胆したり、へんに期待したりせず

なんでこの点数になったのか?

確認をとるだけで充分。

こどもはちゃ~~~んと分かってる。

点数上げた方がいい事を。

だから心配せず

子どもを信じて、

成績表と向き合ってほしいなぁ。

これってね。

世の中ぜ~んぶの事に言えると思うんだよね。

大会に勝ったとか負けたとか、

会社の成績が良い悪いとか、

ぜ~んぶ同じ。

全ては心の投影であるから

それをみて

怒りや、イライラを作るのではなく

幸せのために使って欲しいわけです。

じゃぁ、これがどうなったらいい?

それを問いかけてほしいなぁって思った1日でした。

今日のライフポイント+200

合計ポイント2460ポイント

FB Live【仏ライフ的ひとりごと】

今日のテーマ
『アリとキリギリス幸せなのはどっち⁉️
そしてそこから学べることは⁉️
FB Liveはコチラから